噛まれる危険性を考慮した安全性の高い方法【イタチ撃退は業者に依頼すれば安全】

害獣の仲間

イタチ

日本のみならず全国各地に生息するイタチですが、都心部などの比較的、人口が多いエリアにも進出してきました。都心部の中には住宅街があり、人家の屋根裏や壁の中を巣として生活をしているのです。イタチの生活拠点となってしまった住宅は、悪臭や騒音など他にも様々なトラブルで悩まされてしまいます。ですから、撃退をしなければならないのです。イタチが繁殖する前に業者に作業の依頼を行ないましょう。

日本に数多くいるイタチですが、主にニホンイタチとチョウセンイタチの2種類が生息しています。ニホンイタチは1度の出産で5匹程度の赤ちゃんを産みます。多い時では8匹もの赤ちゃんを産むこともあるのです。大きいサイズだと30cmもあります。チョウセンイタチは1度で12匹もの赤ちゃんを出産します。天井裏でこの数を出産されてしまうと堪ったものではないでしょう。九州での繁殖は2度にも渡りますので、早急な撃退が必要となってきます。

ニホンイタチもチョウセンイタチもオスの方がメスよりも大きいです。ニワトリやうさぎなどの自分より大きなサイズの動物も餌にしてしまうくらい狩猟的です。そして、昼間よりも夜間に行動をする特性を持っています。夜中に天井からバタバタバタと走り回る音も聞こえてくるでしょう。夜間の行動が主ですが、時には昼間に行動することもあり家の中が荒らされる、ペットが傷つけられるといった被害も報告されています。
早急に撃退をしなければ更に被害は広がってしまうばかりですから、業者に調査をしてもらって今後の作業を検討しなければなりません。

作業は業者に任せる

男性作業員

イタチで生活環境が悪化すると健康被害まで受けてしまうはめになるため、撃退をして暮らしを守らなければなりません。実績のあるプロに作業をしてもらうとスムーズに撃退してもらえます。

Read More...

2つの方法

2人の作業員

撃退する方法として最も多い方法が忌避材やくん煙剤の使用です。設置するだけで簡単に追い出すことが出来るからです。イタチを撃退したあとは、掃除や消毒を丁寧に行ってもらいましょう。

Read More...

被害を抑える

住宅

保証サービスを利用すると、イタチが戻ってきたとしても再度調査や作業をしてもらえる可能性があります。契約をする前は内容の確認が必須となるでしょう。素早く作業をしてもらうことで被害は最小限になります。

Read More...